2006年11月21日

癌 なんて 大 嫌 い

しばらくぶりです、
寒くなってきました、みなさんお元気でしたか?

私は
旦那の母が春頃から時々体の不調を言っていまして
あちこち病院に掛かっていました、検査しても大丈夫と言われ
でも、本人は
「なんかお腹あたりが渋いんだよねーあちこち回ってるみたいだ」
と・・・もともと石(腎石)を持っていて治療もしているので
きっと石じょないの??なんて軽く考えていました
結構カラオケいったりパチ行ったり行動的でしたから・・・

7月、瑚子の喉の手術の為に理子と旦那の面倒を頼んでいて
瑚子の退院(26日)後29日も町内の夏祭りに一緒にいって
次の日(30日)「お腹痛いんだ〜死ぬまでこんな痛い思いするの嫌だわ」
と電話があり私はそんなに辛いと思ってなかったので
慌てて、旦那や私の掛かっている総合病院の泌尿器科(腎石の痛みと思っていた)
に受診しました
造影CTやレントゲン採血エコーなど撮って
Drは「石は問題ないですが肝臓に影があるようです」と

内科受診を進められ、次の日 内科受診しました。

前日に撮ったCT画像などを見た内科Drから、
「肝臓に腫瘍があるという事、これが何処かからの転移の物だという事」
を言われました
徹底的に原因を探しましょうという事で、
胃カメラ・大腸カメラ・エコー等しました
結果は、
「膵臓癌で肝臓に転移しているという事」で
8月4日に入院しました。
本人は何も食べたくない状態で本当に何も食べてくれませんでした
食べ物の味がない・苦い感じだったようです。。
皆、お母さんが何か食べれるように色々もって行ったり作っていったり
でも、ほんの一握り程度の物しか食べれませんでした。

『美味しい物を美味しく食べたい』
お母さんの言葉〜

時間がなくなりました
この続きは又改めて書き足します。。。。

posted by RICOCO at 11:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 癌関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

■ しばらく お 休 み します ■


一身上の都合でしばらくBLOG活動お休みしてます
何ヶ月になるか分かりませんが又帰ってきますので宜しくお願いします。

管理人 RICOCO
posted by RICOCO at 18:18| ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 癌関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

■ アスベスト(石綿)の被害 ■

         以前1月19日にもここで取り上げましたが、

     最近北海道でも、ニュースで本格的に報道されるようになりました
 
         『 ア ス べ ス ト ( 石 綿 ) 』←クリックして下さい。

    このアスベスト細かくなると髪の毛よりもずーっと細かくなるらしく
    これを吸うと、肺に刺さり抜ける事はなく
    時には、20年30年の潜伏期間を経て
    「悪性中皮腫」 「肺繊維症(じん肺)」 「肺がん」
    などになる事もあるとても危険な物です

    TVでも、よくアスベスト画像を見るようになり
    こないだスーパーの駐車場でなにげに天井を見たら
   なーんと!あの「アスベスト」が壁一面にボロボロ張り付いているじぁーないですか!

    人事ではなかったですが、こんなに身近に本当に使われているのを
    目の当たりにして、ショックでした。 できたら今度画像撮ってきます。
   
    こういう事態になる事を想像できたのか出来なかったのか
    何十年も前から危険視されていた「アスベスト」の使用中止できなかった
    関係者に怒りを感じています!!
    結果、被害者になってしまった
    「アスベスト」を使った工事等関係者や地域住民
    でも、私達も被害者でしょう・・・・
    いつ、静かな時限爆弾が爆発するかわかりません。。。。。

    TVで聞いたのですが、 『てんかふ』今のベビーパウダーですか
    にも、石綿が使われていたと聞きました。。。本当かは分かりませんが・・
    それって恐すぎですよね、
    よくお父さんが、あごヒゲを剃ったあとポンポン〜と顔に叩きつけていたのを
    覚えています・・・
    お父さんは、4年前「肺繊維症」という原因不明の肺がドンドン固くなってしまう
    病気になり発病後、3年であっという間に亡くなってしまいました
    関係はないのかもしれませんが、こういう事を知ると本当に複雑な気持ちで
    一杯です。
    
    現在、色々な病気が増えていますが
    まだまだ見えていない時限爆弾が潜んでいるのではと
    感じずにはいられません。
   
posted by RICOCO at 19:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 癌関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

乳がん検診に行きました。

 
   今日、旦那のお見舞いに行ったら、 
    マンモグラフィーに関するポスターが貼ってあった。
 
  外来で乳腺外来がある事を知り、早速外来を受診することにしました。
 
  受付が済むと、すぐにマンモグラフィーの撮影にいらして下さいとの指示をうけ
  早速、行った・・・・・・

  撮影室では、まさか・・の おじさん が撮影するようだった・・

 上半身裸で、しかも胸の撮影なのに男性なんだぁーーーーっとビックリ。。
  
 対応も、なんかえらそうで、こっちは初めてで
 
 受け方だって何も分からないのに
 「そうじゃなくて!」みたいな、メチャ感じ悪い。。

 でも、こんなもんなのか??と 我慢しました・・・・恥ずかしかった。
 
 撮影終了後、 診察を受けるため 診察室に呼ばれ 入ったとたん
 
 先生(男・・)の第一声〜
     「なんで 来たの!」

 私は、「・・・・・・・・」むかっ(怒り)
              唖然でした。

 直後に、先生が「あらっこの写真(X線)名前が違う・・・」
 「ごめん、もう一回取り直してきて」


 そして、又撮影室に戻ることに、
 
 めちゃ最悪な気分でした。
 
 その後は撮影終了し、診察待ちしていたのだが、
 そのまま、帰りたかった 情けなかった。
 
 診察の結果は、 「異常なし」で、1年後の診察を進められました。
 本当に大丈夫なの???って感じ。

 
 正直言って、  二度と来ねーーーーーーーーからっ!!! の 一言。。

 胸を出すということは、とても屈辱的な事なのに、あの対応は
 女性の気持ちを、ぜーーーーーーんぜん軽く見てる!!

 こんなに、ムカついたのは久々だった。パンチ
 (なんか、患者さんがいなくてガラガラなのは、この対応のせいかも)

 やっぱり、専門の「乳腺クリニック」に行ったほうがいいのかな??思った。


 「ドクハラ」って、もしかしてこれ・・・・・



    〜〜旦那のインターフェロン治療のその後ですが〜〜

  今日で、3日目
  なんと! 熱もほぼ平熱で、本人もめちゃ元気がいい!!

  退院予定は、14日らしい?ので、このまま副作用出ないでーーーーー

 
posted by RICOCO at 22:53| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 癌関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

 S状結腸がん。

   今日、芸能ニュースをみていたら

  漫画家の中尊寺ゆつこさん と言う方が、「S状結腸がん」
          という癌で 1月31にお亡くなりになったという。

 中尊寺ゆつこさんは「おやじギャル」という言葉を流行らせた方だそうで
 まだ、42歳という若さでの事でした。

 病気がわかったきっかけが、昨年の8月にお腹が痛くなり病院にいった所
 「S状結腸がん」が見つかったと言う、
 
  癌告知が9月初めだと言うから  告知後4ヶ月・・・・・
 
  転移もなかったのに、急変したそうだ。


 この「S状結腸がん」とは〜
 
  大腸にできるポリープで、 なんと女性の癌死亡率のNO3に入る癌だそうだ
 
 私は、この癌の存在を聞いた事もなかったので、2度ビックリ・・・・・
 大腸カメラってのも、やったことないし・・
 やるのも勇気いるなぁーー
 だから、発見も遅れやすいのかも。。。。。

 こういう検査も、やっておかないと・・とは思っていてもなかなか出来ない検査です。
 恥ずかしがってる問題じゃーないんでしょうけど。。。。。


          中尊寺ゆつこさんの ご冥福をお祈り申し上げます。
posted by RICOCO at 23:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 癌関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

■ アスベスト「石綿」と肺ガンの関係 ■

   今日、テレ朝の 報道ステーション を見ていたら 
  「 アスベスト 」の人体におよぼす影響について やっていた。

 「アスベスト」とは石綿のことで、  建材・自動車・煙突・防火壁など
  まだあるようですが、
 身近では今は使われて無いと思うけど、ドライヤーの中にも使われていた
 ドライヤーに関しては、私の昔使っていた物に入っていたのを覚えている。

 まだまだ石綿って身近に使われているみたい、
 最後の生産のピークが バブル時代10年ちょい前だと言うから、
 絶対 接触っていうか身近にあるはず!

 この細かい繊維状になってるものを、吸い込むと肺にくっついて、
 
  悪性中皮腫 や 肺ガン になる可能性が高く、 
  潜伏期間も30年、40年と長いので 今になって問題化されてきたのだろう。


 今の世代って、癌患者 多いでしょ。。
 昔もこんなに、癌患者っていたのかな?? 
 そして、これからも、増え続けるのだろうか・・・・

 こういう報道見ると、 今の癌患者の多いのも 身の回りの何処かに
 知られていない、公害っていうの・・・・ 潜んでたりして。。。

 
posted by RICOCO at 23:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 癌関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。